トップページ > スケジュール > 2007スケジュール > 第1弾大会結果

大会結果

大会名 グラップリングツアー第一弾大会
グラップリングチャレンジトーナメント
開催日 2007年3月4日(日)
開催場所 北名古屋市総合体育館
愛知県北名古屋市
主幹 アライブ小牧
詳細 ランキングmvp

  ガロ級 プルーマ級 ペナ級 レーヴィ級 メジオ級 メイオペサード級 ぺサード級 スペルペサード級 ペサディシモ級 アブソリュート級
ビギナー アダルト            
マスター            
シニア                  
アドバンス アダルト        
マスター              
シニア                
女子アダルト                  
エキスパート アダルト                
マスター                
シニア                  

エキスパートクラス  アダルト メイオペサード級

HORI JORGE (ROCHA KAMIKAZE)
佐藤信宏 (NBJC)

スタンドでの膠着が目立ち、両者に注意が与えられる。その後も後ろにさがるHORIに注意が与えられるも、終盤に引き込み際にスイープ。アドバンテージを重ねたHORIが辛勝。(2-2、A2-1 HORI)

エキスパートクラス  マスター ペサード級

樋口和人(ACADEMIA SLOW)
兼定力(アライブ小牧)

スタンドでの展開が続くが膠着気味に。兼定がアドバンテージ先取するも、膠着で反則ポイントを取られる。そのまま樋口が逃げ切り優勝。

エキスパートクラス  アダルト アブソリュート級

木部亮 (アライブ小牧)
佐藤信宏 (NBJC)

木部が引き込みからスイープ、パス、マウントとポイントを重ねる。一度ガードになるも再度パス。ガードに戻した佐藤がスイープをきめ、上から攻めるもパスにはいたらず。終盤佐藤が足関節狙いも極めきれずタイムアップ。(2-20 木部)

アドバンスクラス  アダルト プルーマ級

木内康 (NBJC)
加藤直之 (アライブ刈谷)
廣瀬公浩 (アライブ小牧)

加藤がテイクダウンでポイント先制。木内の下からの攻撃が激しい。加藤なんとかしのぐも最後はアンクルホールドにつかまりタップ。(アンクルホールド 木内)

アドバンスクラス  アダルト ペナ級

在間淳 (ALIVE)
玉澤慶朗 (アライブ小牧)
森下和之 (アライブイチケン豊橋)
相澤洋史 (ALIVE)

スイープやマウントで在間が常にコントロールしポイントを重ねる。終了間際に玉澤が足関節で追い込むもタイムアップ。(10-2 在間)

アドバンスクラス  アダルト レーヴィ級

奥村康太 (GSB)
GLAUCUS KENJI (LIGA JIU-JITSU JAPAN)
山口勇生 (アライブイチケン豊橋)
羽佐田徳夫 (GSB)

お互いスタンドで攻め倦む。引き込んだGLAUCUSに終了間際、奥村パスで3ポイント奪取。(0-3 奥村)

アドバンスクラス  アダルト メジオ級

五味洸一 (アライブ刈谷)
田中慎一郎 (NBJC)
田部寿臣 (アライブイチケン豊橋)
松浦敦 (闘技道場輪)

主にスタンドでの勝負となったが、終盤テイクダウンでポイントをとった五味が優勝。(0-2 五味)

アドバンスクラス  アダルト メイオペサード級

YOSHINAGA ERICK (LIGA JIU-JITSU JAPAN)
二木健太 (風吹柔術)
古市敏夫 (アライブ三重)
ISUIZA IKEDA (LIGA JIU-JITSU JAPAN)

再三の足関節狙いから終盤スイープをきめたYOSHINAGAが優勝。(2-0 YOSHINAGA)

アドバンスクラス  女子アダルト ペナ級

服部愛子 (アライブ小牧)
金子カオリ (NBJC)

背負いでテイクダウンした服部がそのままパス。しつこく腕を狙いつづけ一本勝ち。(腕がらみ 服部)

アドバンスクラス  マスター プルーマ級

松本康太郎 (ACADEMIA SLOW)
松下猛 (GSB)
藤木琢也 (四王塾)

ハーフガードでの攻防が続くがお互い攻めきれない。松本がフロントチョークでアドバンテージを奪い勝利。(0-0、A1-0 松本)

アドバンスクラス  マスター レーヴィ級

野田明彦 (アライブ小牧)
和田肇 (アライブ三重)
足立篤宣 (GSB)
柴田竜佳 (NBJC)

野田が終始コントロール。マウントなどポイントを重ね勝利。(11-0 野田)

アドバンスクラス  アダルト アブソリュート級

GLAUCUS KENJI (LIGA JIU-JITSU JAPAN)
YOSHINAGA ERICK (LIGA JIU-JITSU JAPAN)
木内康 (NBJC)
古市敏夫 (アライブ三重)

同門決勝となったがお互い激しく動きあう。ポジションコントロールに勝るGLAUCUSがパスから腕十字で一本勝ち。(腕十字 GLAUCUS)

ビギナークラス  アダルト ガロ級

山石大樹 (ALIVE)
松本大司 (闘技道場輪)

ビギナークラス  アダルト プルーマ級

上村和貴 (GSB)
佐田真教 (アライブイチケン豊橋)
松本修 (闘技道場輪)

ビギナークラス  アダルト レーヴィ級

勝木康智 (GSB)
柴山貴光 (福住柔術)
牧野哲也 (アライブイチケン豊橋)
山田直樹 (アライブ小牧)

ビギナークラス  マスター ガロ級

東口充 (TEAM TRASH)
吉村龍明 (百萬石)

ビギナークラス  マスター プルーマ級

塚田芳宏 (GSB)
楠井清貴 (闘技道場輪)

ビギナークラス  マスター ペナ級

柘植崇行 (GSB)
塚本明徳 (闘技道場輪)

ビギナークラス  アダルト アブソリュート級

上村和貴 (GSB)
柘植崇行 (GSB)
山田直樹 (アライブ小牧)
牧野哲也 (アライブイチケン豊橋)

表彰選手

最優秀選手 奥村康太(GSB)
コミッショナー賞 上村和貴 (GSB)
レフェリー賞 YOSHINAGA ERICK (LIGA JIU-JITSU JAPAN)